Firefoxの拡張
(2007-04-06 00:50JST初出)
(2008-07-04 08:53JST最終変更)
ここに書いているのはFirefox 2.0対応の拡張のみです。

私は和ジラおよびMozilla Suiteの狂信的な(笑)利用者であったが、メーラーはThunderbirdを利用していたので、スイートのメーラーは使っていなかった。そして、ブラウザの乗り換えをどうするか試行錯誤したあげく、開発中止をきっかけに、当時はまだバグの大きかったSeaMonkeyに乗り換えるのではなく、仕方なくFirefoxをメインブラウザとして利用する道を選んだ。

くわしくは上記「開発中止……」のリンク先を読んで欲しいが、Firefoxというブラウザは最低限の機能しか入れていないから、そのままでは大いに不満がある。一方で、カスタマイズできれば利用者の好きなようにアレンジできる。それを助けるのが各種の拡張である。以前、拙ブログ内でFirefoxの拡張のいくつかについて書いたことがあるが、今回、入れ直したものも含めて、あらためて拡張の紹介をしてみたいと思う。





下記は、今(2007-07-11)現在私のFirefoxに入っている拡張すべて(ブラウザのメニューから、「ツール」→「アドオン」で表示される)。並びはアルファベット順。「J」とあるのは、日本語で設定メニューなどが表示できるもの(それ以外は原則として英語表示)。おすすめの拡張には名前の頭にをつけたが、他の人がどう感じるかは別の話(☆3つは定番ともいえるもの)。また、初心者が知識無しに扱えないものもあるから、わからないものには手を出さないこと。すべての拡張は上記「アドオン」で管理できる。

AboutPlug 1.3
QuickTimeやJavaなど、Firefoxに入っているプラグインを表示させるもの。
☆☆☆Adblock Plus 0.7.5.1J
WEB上の余計な広告や画像・スクリプトを排除できる拡張。Adblockの後継版。よりカスタマイズの自由度が上がった。下記の拡張(Adblock Plus: Element Hiding Helper 1.0.1)と同時利用をすすめる。
Adblock Plus: Element Hiding Helper 1.0.1J
Ctrl+Shift+Kを押すと起動する(以前は"H"だった)。HTMLで指定されているエリアを丸ごと表示から排除できる。ただし知識がないとページが真っ白になるおそれあり(笑)。副産物として、ソース表示にも使える(これ、ちょっと便利)。
ChromEdit Plus 2.6.2
プロファイルをいじるもの。以前のChromEditよりも進化している(別物)。今まではエクスプローラーを使っていちいち掘り進んでいたフォルダを一発で表示してくれる機能はありがたい。初心者がプロファイルをわけもわからずいじると、最悪、Firefoxが使えなくなるので要注意!
ColorZilla 1.0J
WEBデザインを考えるときに重宝する拡張。構造を把握するときや色を調べる(カラーピッカーは便利)ときに使える。副産物として、通常のFirefoxのページ拡大では大きくならない画像を拡大表示できる。
Context Search 0.4.1(J)
右クリックメニューから検索エンジンを指定できる拡張。マウスを使わない検索マニア(私です(笑))には貴重な拡張。キーボードから手を離さないで使えるのは便利。
CookieSafe 2.0.7J
ブラウザのクッキーを制御する拡張。私の場合、基本的に全面禁止にして、許可するサイトを例外として追記する形を採っているが、通販サイトやWEBメールのログインなど、許可するサイトの追加をちゃんとしないと機能しなくなるので要注意!
☆☆CustomizeGoogle 0.60J
Google関連の表示をカスタマイズする拡張。とくに検索ページのカスタマイズは、個人的にとても重宝する。フィルタリングによって、検索結果の上位にヒットする邪魔なページを目立たないようにできる。また、Gmailのコンタクトリストを非表示にもできるのは便利。ただし、Googleを使わない人には無意味なもの。
(2007-04-19 14:00JST修正)

バージョン0.56で出ていた不具合は、予定通り0.57で解消した。念のため、過去バージョン置き場はブックマークしておこう。

Date Picker/Calendar 1.0.82
ステータスバーに表示する時計とカレンダーみたいなもの。以前使っていたStatusbar Clockに替わるもの。ちょっとカレンダーを観たいときなど、軽くて便利。ただし、パソコンのカレンダーが大きく狂っていると使い物にならないので要注意(笑)。
☆☆Dog Ears 1.5
WEBページにつける「しおり」のようなもの。Shift+左クリックでつけられる。ブックマークするまでもない、一時的に読みたいページにつけて、あとから読み直すのに重宝している。意外と便利なのでおすすめ。
DOM Inspector 1.8.1.4
XUL(Wiki(J))に関心がある人以外には関係ない。
☆☆DownThemAll! 0.9.9.10J
同時ダウンロード数を「1」に制限したり、分割ダウンロード、レジューム機能もついたダウンローダー。後述のUnPlugとの組み合わせで、動画共有サイトからの保存も簡単にできる。YouTubeの場合などはIrvineと使い分ける必要があるが、便利でおすすめ。
Dr.Web anti-virus link checker 1.0.14
Dr.Webというアンチウィルスソフト製作会社が出している拡張。右クリックからリンク先の調査などができる。これから訪問するページや落とそうとしているファイルにウィルスがないかどうかをチェックできる。具体的な使い方は説明ページをどうぞ。
Forecastfox 0.9.5.2

ステータスバーやメニューバー、ツールバーなどに天気予報を表示できる拡張。元がアメリカの会社のデータを使っているので、日本の細かい都市には対応し切れていない。あくまでも気休め程度のものだが、あるのと無いのは大違いと感じる程度には使える(笑)。ときどき落ちて非表示になることがある。

自分の住んでいるところピンポイントで知りたいなら、インフォシーク天気がおすすめ。表示されたページの左サイドバーの「ピンポイント天気検索」に郵便番号を入れれば、その地域の天気が表示される。住所でも可。

Fullerscreen 2.02

ブラウザをフルスクリーン表示させたときに、文字通り画面いっぱいに表示させるもの。ストリーミングの動画を観るときなどに便利。解除するにはカーソルを画面右上に持っていくと現れる「元に戻す」ボタンか、キーボードのF11ボタンを押せばいい(フルスクリーンにするときにも押す)。

[2007-04-06 02:03JST追記]ステータスバーに表示されるアイコンをクリックすることでフルスクリーン表示にすることができる。またフルスクリーン時に、カーソルを画面最下部に持っていくとステータスバーが現れるので、そこにあるアイコンをクリックすれば、また通常の画面に戻せる。

Gmail Manager 0.5.3J
Gmailのアカウント複数のアドレスを同時に管理できる拡張。自動的にメールチェックしたり、メールが届いたらスライドバーで教えてくれる。Gmailを使ってない人にはまったく価値のないもの(笑)。
Gmail Space 0.5.6
Gmailの空いたスペースを利用してストレージ的に利用できる拡張。自分のパソコンの内容をバックアップするなどに使える。これもGmailを持ってない人には無用の長物。
☆☆☆IE Tab 1.3.3.20070528J
ダメブラウザ(IEともいう(笑))を立ち上げないでも、Firefoxのタブの中でIE対応ページを表示できる拡張。たとえば、Active Xを利用した動画サイトなどを観るのに便利。Microsoft Updateもこれでできる! たいていのオンライン・ウィルススキャンにも対応しているが、悪の帝国のサイトの一部でスクリプトエラーが発生して使えないことがある(苦笑)。一部の銀行やオンラインショッピングで使えないところがあるらしいが、そういうところをどうしても使いたい人は仕方ないのでダメブラウザでどうぞ。
Irvine ContextMenu 1.2J
Irvineという高性能ダウンローダーを利用するための拡張。本体が入ってない人には不必要。状況に応じて上述DownThemAll!との使い分けをしている。
It's All Text! 0.7.3
ブラウザに表示されるフォームに何かを書き込むときに、自分の好きなエディタを起動し、そこに書いたものをフォームに転送できる拡張。たとえば、オンラインでブログを書いていてブラウザがクラッシュしたときなど、エディタに保存されていたらデータをリカバリーできる。ブラウザで直接多くのテキストを書いたりする人は、あると便利かも。
JSView 1.4J
WEBページのJavaScriptやCSSを表示させる拡張。個人的には後述のStylishと併用して活躍している。
keyconfig 20060828.1
キーボードショートカットのキー割り当てを変更するための拡張。キーボードから手を離したくない人は便利。
Launchy 4.2.0
右クリックからのコンテキストメニューにさまざまな送り先を指定できる拡張。特定のアプリケーションで開きたい場合などに便利。たとえば、WEBページで表示される画像を自分の普段使っているビューワーで見たい時や、ソースをいじりたいときなど、これで開くことができる。使い方は無限大。ただし、カスタマイズするにはxmlファイルをいじるためのちょっとした知識が必要。まあ、コピペでなんとかなる(笑)。
Live HTTP Headers 0.13.1
WEBページのさまざまな情報を表示させる拡張。404とか503とかいったページのHTTP headersを調べるのに使える。私を含めた一般人には不必要。
Live PageRank 0.9.5
GoogleのPageRankを表示させる拡張。今まで使っていたGoogle Pagerank statusがFirefoxのバージョンアップのたびに無効になるので乗り換えた。
McAfee SiteAdvisor
アンチウィルスソフト製作会社のマカフィーが提供する、WEBサイトの安全性を表示させる拡張。後述「翻訳パネル」に不具合を生じさせるのでアンインストールした。
MeasureIt 0.3.6
ブラウザに表示されるWEBページの距離・大きさをピクセル単位で測れる拡張。WEBデザインを考えるときなど、いろいろと便利。かなり個人的には気に入った。
☆☆Menu Editor 1.2.3.3
Firefoxで表示されるメニュー(ツールバーに限らずコンテキストメニューでも)を編集できる拡張。特定の項目を非表示にしたり、表示される順番を入れ替えて、よく使うものを上位に持ってきたりといったカスタマイズができる。たとえば私の場合、「~をメールで送信」などは不必要なメニューなので非表示にしたし、コンテキストメニューもかなりいじった。ブラウザのメニューから「ツール」を開くと
ツールメニューを改造したものの画像
こんな感じになる。不必要なアイテムが表示されるのが嫌だとか、自分の好きな順番で使いたいという人にはおすすめ(2007-07-11現在、上図からさらにいじっている)。
mixi external site blocker 0.1.9J
mixiのログイン状態での行動を「安全」にする拡張。いちいちログアウトしている人には無意味だし、そもそもmixiやってない人にはまったく必要がない。
Moji 0.8.1
主に外国人向けに漢字の翻訳をする拡張だが、日本人にも便利。読めない漢字の「読み」や「意味」がわかる。単漢字だけでなく熟語にも対応。
Nightly Tester Tools 1.3b1
本来の用途ではないが、古い拡張を有効にできたりする拡張。最初からインストールできない拡張の場合には意味がない。どうしても古い拡張をインストールして使いたい場合は、xpiを開けてバージョン情報を自分で編集する方法も考えられる。今入れている拡張のウチ、いくつかはこの拡張のおかげで使えている(QuickNoteなど)。
☆☆☆PasswordMaker 1.6.2
Firefoxを利用してWEBページで入力するパスワードを一括管理する拡張。自分でおぼえる必要がないので、セキュリティ的にかなりおすすめ(おぼえていないので漏洩する可能性が少ない)。URLをトリガーにしてパスワードを作製するので、フィッシング対策などにも有効。また、複数のパソコンで利用する場合にも、rdfファイルを使って同じものを使えるので、たとえば会社と自宅で使う場合などに有効。わたし的に必須な拡張のひとつ。
Popup ALT Attribute 1.3.2005092701J
ダメブラウザが間違ってポップアップしているaltの代替テキストをツールチップに表示させる拡張。副産物として、Firefoxデフォルトではツールチップに長いテキストが表示されると途切れてしまうのを回避して、全部を折り返して表示できる。
☆☆☆PrefBar 3.3.3

さまざまな機能を盛り込んだパーソナルツールバー。個人的に和ジラ時代から利用しているので、「Web Developer ExtensionプラスUser Agent Switcher Extension」の組み合わせよりも愛着が深い。

重宝しているのは、ウィンドウサイズ変更やUAの切り替えにおいて、何を使っているのかが一目瞭然であること。上記組み合わせでは、何を選んでいるのかが明示的にわかりにくい。また、「戻る」、「進む」が使えるのも大きい。

QuickNote 0.6.0.3
最大4つのメモ帳を切り替えて使える拡張。WEBページのテキストをURLリンク付きで、コンテキストメニューから送ったり、メモを保存したりできる。オートセーブ機能があるから安心。古い拡張なので、初心者が新規に導入するのは難しいかもしれない。
Resizable Form Fields 0.2.4
WEBページの入力フォームが狭くて書きにくい場合に、ドラッグで広げられる拡張。たくさん書きたい人におすすめ。
☆☆Sage 1.3.10
Firefoxのサイドバーを利用した簡易RSSリーダー。自分で登録した各フィードをそれぞれ自動的に読み込む機能がないので、自分で手動で読み込む必要がある。Sage Autoupdate 0.1という拡張を使えば自動的に5分おきに読み込みができるが、全部のフィードを同時であり、細かいカスタマイズはできない。
Save Session 1.3.0.5J
なんらかの事情でFirefoxを再起動するときなど、今開いているタブをまとめて一時保存しておく拡張。これがあると意外に便利。
☆☆Screen grab! 0.93
WEBページのキャプチャ画像を撮るための拡張。以前はJava必須だったが、Java無しバージョンが出た。通常はブラウザの画面キャプチャをする場合、表示されている部分しか撮れないが、これを使うと、縦長のものも1ページ丸ごと保存できる。拙ブログのトップページをキャプチャしたものがここにある。
Searchbar Autosizer 1.3.7
Firefoxのサーチバーをカスタマイズする拡張。デフォルトの検索窓がデカいと感じる人は導入してみる価値あり。
Splash 1.2.2
Firefoxの起動時にスプラッシュを出す拡張。以前使っていたものよりもカスタマイズの自由度が上がったので乗り換えた。Firefox起動時に好きな音と画像を出すことができる。
☆☆☆Stylish 0.5.2
WEBページの表示をカスタマイズする拡張。自分でスタイルシートをいじれる人にはおすすめ。私の場合、白背景は目につらいので、よく観るところはこれを使ってことごとく書き換えている。また、行間が詰まっていたり文字が小さくて読みにくいと思うページの行間を変更したり文字を大きくしたりと読みやすくできる。
Sun Cult 1.0.20061106
日の出、日の入り時間を表示したり、月の満ち欠けを表示できる拡張。なんとなくなごみ系であるが、わたし的にこういう無意味な拡張が大好きである。
Tab Clicking Options 0.6.8
タブの機能を拡張するもの。ダブルクリックで閉じたり、複数のタブをまとめて閉じたり、特定タブの複製をしたりできる。タブ管理に多機能は必要ないという人におすすめ。
Talkback 2.0.0.4
誰でも最初から入っている拡張。Firefoxを利用するだけならとくに必要ないのでアンインストールしてもかまわない。
Text Link 1.3.2006100702J
WEBページにテキストとして書かれたURL(アンカータグがないもの)をダブルクリックだけでリンクのように開くことができる拡張。タグ禁止の掲示板などで重宝する。
TrashMail.net 1.0.8
使い捨てメールを簡単に作れる拡張。最大6ヶ月まで有効にできる。ただし、作ったアドレスをメモするなどして忘れないようにしないと再利用できなくなるので要注意(笑)。
United States English Dictionary 2.0.0.6
ブラウザ上のフォームに書き込んだ英語のスペルをチェックする拡張。別になくてもかまわない。
☆☆UnPlug 1.6.06
ページ内に埋め込まれた動画などをダウンロードさせるための拡張。ダメブラウザの場合ならTemporary Internet Filesにあるものを拾ってくればいいが、Firefoxの場合キャッシュから拾うのは難しい。そういうときに活躍する。
XHTML Ruby Support 1.4.2006100801J
W3C的に規定されたXHTMLのルビをFirefoxではデフォルトで表示できないが、この拡張を入れると表示可能になる。ただし、わたし的には最低フォントサイズを12pxにしているので、ちっとも小さく表示されないのが難点。
☆☆翻訳パネル 1.4.14.5J
WEBページの翻訳や自分で書いたテキストの翻訳を行える拡張。WEBページ上でドラッグした外国語(あるいは日本語)を別のことばに翻訳して、結果をポップアップ表示させたり、サイドバーで翻訳したりできる。ただし、エキサイトやGoogleの翻訳サイトを利用しているので、オンラインでないと使えない。

[PR]
by Der_Wolf | 2007-04-06 00:50 | Web and PC (6)